上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『earth アース』
という映画を見に行った。


主演、地球、46億歳―。


内容は、一般的な映画ではなく、
地球および地球に住む動物たちに関するドキュメンタリー。

地球自体の美しい姿も、
動植物が織り成す命のドラマも、
非常に感動でした。

が、それらを温暖化に繋げるのは
少々無理があったように思えなくもない。

温暖化は事実であり、その影響で
動植物の生態分布も変わりつつあるのも事実であるが、
それを地球の美しい姿を示して
環境改善のメッセージを入れたとしても、
多くの人には、それほど響かないと思うが…。

一般に、人は”比較対象”が無いと、
地球の素晴らしさは本心からは実感できないと思われる。

ということで、さっさと月とか火星に行って、
実験的に数人数日で暮らしてみて、
地球と他の惑星との違いを身をもって体感してこそ、
地球の素晴らしさに気付くと思うんだが。

その後、地球に引きこもるか、他惑星を開発していくかは、
その時代の人次第か…。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Extra -> outeR, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。