上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ2週間ばかり、四六時中かわいた咳の止まらない状態が続いていた。

寝ていても咳で起きるつらさにどうしようもならず、
また、通勤途中の満員電車の中で咳き込むことに対する周りへの迷惑に耐え切れず、
しかも、喘息の薬が効かないときた。
ゆえ、先日行きつけの医者(内科呼吸器科)に行ってきた。

元々、喘息持ちなので喘息関係かと思っていたんだが、以下の症状から
・喉は赤く腫れていない。
・体温は37度弱。
・呼吸音に異常は認められない。
・FEV1(*)は、平均的喘息患者の値より良い。
・レントゲンには異常は認められない。
(*FEV1 : 息を思い切り吸ってできるだけ速く吐き出した際の最初の1秒間で吐き出した息の量のこと。)

原因はまだ分からないが細菌性の可能性が高いため、様子見として「ジスロマック」という抗生物質を服用することに。

人生初の抗生物質ですよ。

抗生物質というとペニシリンしか知らない自分にとって、
症状のかなり悪く年を経た人が服用するイメージがあるので、
「30歳直前にて、ついに年配の仲間入りか・・・」と惨憺たる面持ちになっている状態である。

友人に聞いたところ、
「百日咳やマイコプラズマに罹患すると「ジスロマック」を処方することがある。」
とのことらしいので、消去法的に抗生物質を処方されたのだろうと思うが、
これで治ったら感謝もんです。
夜確り寝ることができるようになるし♪

しかし、抗生物質か・・・。



テーマ:日記 - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する


まだ間違った治療法を続けるつもりですか? 4週間で結果を出す!!喘息(ぜんそく... お役立ち情報【2011/08/15 19:18】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Extra -> outeR, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。