上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活(大学時)の先輩の結婚披露宴、二次会@京都にお誘い頂いたので、久々に京都へ。
イイ結婚披露宴でした♪

その際に、京都に6年間も住んでいたくせに行こうとさえしなかった
「三十三間堂」に行ってみた。

長さ120m程度の空間に、
所狭しと並ぶ1001躯もの千手観音像、
真ん中に鎮座する本尊像、
最前列に1列に並ぶ28躯の二十八部衆像
左右にバランスよく配置された、風神雷像

凄いの他に感想が見当たらない。
約1時間程ゆっくりと見ていたが、全く飽きない。
二十八部衆の日本語での説明文がたった1文というところも、
じっくり見たい人のことを考えているように思えて良かった。

なお、英語の説明文には
ヒンドゥー教や古代インド神話での名前から、別の名前や外見的特徴に至るまで
中々に詳しく書いてあり、事前情報が無い人にもある程度理解できるようになっています。

一日ずっと見ているくらいの時間があったらいいな。
# 今よりも時間のあったはずの学生の時に見とけって話だなw

テーマ:日記 - ジャンル:日記





京都の三十三間堂は、何度訪問させていただいても
いつも、気持ちを静かに、かつ清らかにしてくれる
私の大好きな御堂の1つです。観音様たちの
表情が1人1人異なるのも、みていて飽きません。
うらやましいです。また機会をみつけてお邪魔したいです。
【2011/02/21 19:13】 URL | しゃけ #-[ 編集]
しゃけさん、コメントありがとうございます。

確かに、観音像の表情が1人1人異なるのも、
見ていて飽きませんね。

関東圏にあれば何度も足を運びたいところですが、京都はちょっと遠いですよね。

無理やりにでも、京都出張を作って・・・、
というわけには、流石に行きませんか(^^;
【2011/02/22 22:38】 URL | xino #gPdnGs/6[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Extra -> outeR, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。