上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
(2009/02/09)
福澤 諭吉

商品詳細を見る


諸事情により日曜日の本日も仕事で遠出であったため、
サラリーマンの殆どいない日曜のすいた電車内にてじっくりと読むことが出来たのが
上記の「学問のすすめ 現代語訳」である。

正直、この本を読んでかなりかなり後悔している。
何故、中学生や高校生の時に読まなかったのかとっ!
読む時期が遅すぎた。何故、今の今になるまでに読まなかったのだ…。
これほどまで素晴らしい内容であったとは、本当に知らなかったのだ。
否、知らなかったでは済まされないレベルだ。

今の自分の考えに近い内容が明確かつ単刀直入に書かれており、
目から鱗が落ちた。

以下は、本書の目次である。

初編 :  学問には目的がある
第二編 : 人間の権理とは何か
第三編 : 愛国心のあり方
第四編 : 国民の気風が国を作る
第五編 : 国をリードする人材とは
第六編 : 文明社会と法の精神
第七編 : 国民の二つの役目
第八編 : 男女間の不合理、親子間の不条理
第九編 : よりレベルの高い学問
第十編 : 学問にかかる期待
第十一編 : 美しいタテマエに潜む害悪
第十二編 : 品格を高める
第十三編 : 怨望は最大の悪徳
第十四編 : 人生設計の技術
第十五編 : 判断力の鍛え方
第十六編 : 正しい実行力をつける
第十七編 : 人望と人使い



今のような世の中だからこそ、
あえて今の日本人の必読書するべき名著である。
詳細な書評は、Amazonの書評を参考にしていただきたい。
絶賛の嵐である。

あぁ…。後悔先に立たず…。
次は原著を読まねば。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌





おぉ!いいものをお読みで^^

慶應義塾に入学すると教えられること。
それは学問のススメの本当のいわんとするところ。

「天は人の上に人を作らず。」
と、言われているんだけれど、
それでも貧富の差があったりするんだよね実際。
で、それは何でかといったらひとつに実学の有無によるんだよね。その実学とはたとえば法学と医学じゃ。若人よ、実学を学びなされ。

ということだそうで。

世に言われている
学問のススメ=天は人の~
の天は以下は、実は一般論を引き合いに出しただけという、世には180度まちがった解釈が流布しているのが非常に残念ですな。

つぎは脱亜論をよんでみたら???
【2011/01/31 01:09】 URL | まりちく #JalddpaA[ 編集]
大学にいる間に、
社会の先導者として智徳の模範、気品の泉源を身に着けるべし
と、ことあるごとにいわれてきた話は学問のすすめの中身だったっけか?
【2011/01/31 01:37】 URL | まりちく #SFo5/nok[ 編集]
流石、慶應出身者。

正直、自分も間違った解釈でいて、読まなくていいやって思っていた口です(^^;

おっけ、読むべき本リストに「脱亜論」も入れとく。

あと、学問のすすめの中身には、そういった文章は無かったよ。
似たようなことは書かれてたけど。
ググったら、「慶應義塾の目的」に書かれているらしいよ。
【2011/02/01 23:50】 URL | xino #gPdnGs/6[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Extra -> outeR, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。