Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録8月分なり。
なにやら無から有を作り出す話が多くて、
久々にJ.J.サクライの「現代の量子力学」が読みたくなってしまった。
次実家に帰った時に、持って帰ってこねば。


○「徒然草」 著:吉田兼好


「よろづのことも、始め終はりこそをかしけれ」
ご存じ、吉田兼好の考える無常観について記載された随筆である。
何故か急に読んでみたくなり、買ってみた。
帯に「辛口おじさん、世の中をメッタ斬り!」と書いてあったのにも惹かれたんであろう。

徒然草の全てが載っているわけではないんだけど、
恐らく受験勉強中だと思われるが、4割くらい読んだことあるな。

確かに世の無常とかあはれなることに対して冷めた目で見たような内容が多いけど、
とある事象の一部を取りだすのではなく、その前後を含めて一連の流れとして認識することにより、
儚い人生の中で、無常観の中に意味の有る事象を見出そうとしているように読めた。



○「宇宙論講義―そして、ぼくらも生まれた」 著:佐藤勝彦
宇宙論講義―そして、ぼくらも生まれた (Z会ペブル選書 (3))

妻の実家にあった本で、読んでみた。
自分が高校生頃の本なので、内容は古め。
あと、文系向けって謳ってるだけあって、対話形式で大分平易な文章になってます。
内容は特殊相対論、量子論から始まって、ビックバン、インフレーション理論の概要についてまで。

佐藤先生「宇宙は無から生まれた」

気軽に読めるんで、宇宙論について概要が知りたいって方は是非♪
# amazonにはもう売ってないみたいだけど。



○「STEINS;GATE─シュタインズゲート─ 円環連鎖のウロボロス(1)、(2)」
著:海羽超史郎


くっそ。本屋でこの小説が山積みされていて購入したが最後、
途中まで読んでいた真面目な本をほったらかして、読みふけってしまったではないか。

1,2巻で全巻なんだが、2巻合計で1500ページ弱あるくせに平日の五日間で読み終わってしまうほど、
面白い内容になってます。
ゲームとアニメが異なっていたよりも、更に少し異なる世界線の話。
ゲームより少しだけ科学的な話、例えば量子論のところが詳しくなってます。
シュタゲファンは是非読むべき。相変わらず感動させてくれます♪

クリス「無から、有は生み出せますから」



○「いかにして問題をとくか」 著:G.ボリア


名著らしい。よく行く4件の本屋中3件で積まれているのを目にしており、買ってみた。

著者は数学者とのことで、数学に関する話がメインになってはいるが、
確かに数学以外の問題についても適用できそうな話にはなっている。
実際、仕事上の問題を解決する際に似たようなアプローチをしていることはあるなぁ。

ただ、数学は好きな分野の一つなんだけど、
数学の問題を解くときにこの本のような考え方で解いたことは一度も無いな…。
数学の得意じゃない人向けへのアプローチかと。



以下、マンガ。

○「ましろのおと 1~3巻」 著:羅川 真里茂

へい、津軽三味線。
高校生が津軽三味線を頑張る話。

津軽三味線習いてーー。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


本の種類はいつもと変わらぬ感じかな。

本のamazonデータ読みだし方法を、fc2ブログのデフォルトのから直接amazonに読み出しに行くのに変更したんで、本の画像だけが表示されるようにしました。
その本の画像の上にカーソルを移動させて、ほんの少し待つとamazonでの価格、おススメ度が出てくるようになってます。
なかなか便利。


○「ニッポン ヨーロッパ人の眼で見た」
 著:ブルーノ・タウト


昭和初期、ドイツの有名な建築家ブルーノ・タウトが日本について論じた本。
読む前後で、本の印象がここまで変化したのも珍しい。
-読前:桂離宮について書かれているらしいが、多くの書評にあるように
       どうせ、日本の建築とドイツの建築の相違点がメインに書かれた本だろう。
-読後:ヨーロッパ人の書く昭和初期の建築物を通じて見た総合的な日本文化論。
     日本固有の伝統文化と外来文化とのせめぎあいにおいて、日本のするべきことを述べている。

ネット上の書評では、やれ「桂離宮」だ「日光東照宮」だと書いているのを見かけるが、
そういう感想のやつらは最後まで読んでないだろw
ヨーロッパ人から見た日本らしさとは何かを問う導入としての題材としか扱っていないではないか。
昭和初期に「日本的なるもの」に関して多大な影響を及ぼしたブルーノ・タウトの日本文化論。
読んで損はないと思います。


○「クリティカルチェーン なぜプロジェクトは予定通りに進まないのか?」
 著:エリヤフ・ゴールドラット


素晴らしきYN大先輩に教えてもらった本。
「ザ・ゴール」シリーズの第4段ということで、「ザ・ゴール」と同じように小説になっていてかなり読みやすい内容になっています。
超簡単に書くと、
各タスクごとにスケジュールマージンを確保するんじゃなくて、
クリティカルパス周辺とプロジェクト全体スケジュールの最後にマージンを設置しましょう。
クリティカルチェーンがある場合は、作業順序やマージンを工夫しましょう。
さもないと、遅れますよ。
って本。

あぁ、俺が配属されているプロジェクトにも、クリティカルチェーンがあるな・・・。

しかしこのスケジュール管理方法、前の部署で先輩に言われてやってたことだな。
YN大先輩はこの本を読んで全体スケジュールの取りまとめを工夫していたのか。
前の部署は、タスクレベルのスケジュール管理と作業者共に自分だったので
本当にスケジュール管理しやすかったなぁ・・・。


○「新 本当は怖い宇宙」 著:福江純


とある事情で寝台列車「サンライズ出雲」に乗る機会があり、
その際たまたま読書用本を持っていなかったため、コンビニで買った本。
タイトルはアレですが、内容はいたって真面目。

1章:はやぶさの軌跡と幾多の困難
2章:宇宙が人体に与える影響
3章:新時代の宇宙開発競争(先日打ち上がったJUNOも書かれてたり)
4章:未知なる地球外生命体を追う
5章:最新・宇宙の謎Q&A

宇宙関係の仕事やってるくせに、いくつか知らないこと(以下)があってちょっと悲しかったり・・・。
・宇宙ステーションの「スーパー冷蔵庫MELFI」
・ESAの「ユークリッド計画」
・生命生存条件を満たす太陽系外惑星「グリーゼ581d」



以下、マンガです。ぎんぎつね以外妻の実家で読んだモノ。

○「乙嫁語り 3巻」 著:森薫


アミル萌え!


○「パンプキン・シザーズ 1~10巻」 著:岩永亮太郎


アリス・L・マルヴィン少尉萌え!


○「JIN-仁- 1~15巻」 著:村上もとか


くそ、最後まで読み切れなかったぞ。漫喫でも行って最後の5巻分を読まねば。


○「ぎんぎつね 1~5巻」 著:落合さより


神社萌え!

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


2週間程度日本にいなかったのもあったりとか、
諸事情で睡眠時間が不足しがちで、通勤時間は睡眠時間だったこともあり
殆ど本読んでませんっ・・・。

○平安炎刃(ブレイズ) 全3巻
平安ブレイズ 1 (ヤングキングコミックス)平安ブレイズ 1 (ヤングキングコミックス)
(2010/01/30)
緒方 てい

商品詳細を見る

急々如律令その1
アキバヨドバシの上の本屋でブラブラしていたところ、表紙に惹かれたマンガ。
平安時代に京都に襲来したエイリアンが現代に復活したってことで、
陸上自衛隊所属の陰陽師みたいな巫女さんみたいな人がやっつける話。
死ぬ前に過去が思い出される走馬灯ではなく、
仮に生きていた場合の未来が見えるっていう裏走馬灯なる設定が面白い。
設定がB級的すぎるがw
この絵柄、古臭いけど個人的に好きです。
ただ、全3巻はちょっと物足りなかった・・・。


○常住戦陣!! ムシブギョー 1,2巻
常住戦陣!! ムシブギョー 1 (少年サンデーコミックス)常住戦陣!! ムシブギョー 1 (少年サンデーコミックス)
(2011/06/17)
福田 宏

商品詳細を見る

急々如律令その2
駅ビル内の本屋で積まれていたので買ってみた。
津軽出身の若い武士が江戸で蟲を退治しつつ成長していく王道少年マンガ。
テンポが良くて中々に面白い。
登場人物もモエ、ツンデレ、ショタ、クール色々そろってますw
これ、ひょっとするとアニメ化したりすんじゃないかな?


○寄生獣(完全版) 全8巻
寄生獣(完全版)(1) (アフタヌーンKCDX (1664))寄生獣(完全版)(1) (アフタヌーンKCDX (1664))
(2003/01/21)
岩明 均

商品詳細を見る

まだ読んでなかったのかと言われそうだが・・・。
考えさせられ、興味深い話なのは確かだけど・・・。
疲れているときに読むマンガではないなw


以上、今月読んだ本っていうかマンガ。マンガしかないっすね。
来月は多分、マンガ以外が多くなる予定。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


読書記録5月分。

○デフレの正体 経済は「人口の波」で動く
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
(2010/06/10)
藻谷 浩介

商品詳細を見る

書評は他のサイトを見てください。おススメしません。
読んだ結果何かが得られたかというと、何も得られなかった。
著者の言いたいことをまとめると多分100頁行かないんじゃないかな。
だれか欲しい人あげます。


○思考の整理学
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

ブックオフ秋葉原店で100円で買った本。
こちらの本は、結構役に立ちそう。
閃いたアイディアや情報は、寝かして風化させて(整理して)こそ、後で素晴らしいものになる可能性がある。
グライダーを操縦する人(外乱から動く人)ではなく、飛行機を操縦する人(自分から動く人)になろう。
って本。


○マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
(2001/12/14)
P・F. ドラッカー、上田 惇生 他

商品詳細を見る

本当に読み終わるのに時間がかかった…。読み始めたのは確か3月だぜ・・・。
途中気分転換に別の本よんだりしてさ。多分、英文を直訳したような文体のためだろう。
しかし、そんな文体のくせに所々意味深な言い回しがあってな、勉強になることが多いんだよな。
内容のない「もしドラ」なんかとは比較にならん。
この本は何度も読み直さないと真価が分からん気がする。
半年後くらいにもう一度読むかな。


○失敗しない図解はじめてのマンションの買い方
失敗しない図解はじめてのマンションの買い方失敗しない図解はじめてのマンションの買い方
(2007/05)
中村 辰己

商品詳細を見る

つくばからより都心に近いところに引っ越さないとなー。
原発の影響でマンションの価格も下がるだろうからマンションも視野にいれてみようかなー。
って感じで読んだ本。
まぁ、結局、俺の年収ではマンション購入なんて夢のまた夢だったとさ。


○ヴィンランド・サガ(10)
ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)
(2011/04/22)
幸村 誠

商品詳細を見る

ひゃっほーい。10巻だぜ。ヴァイキング時代なんて忘れて農奴生活まっただ中だぜ。
この漫画良すぎ。


○水域(上・下)
水域(上) (アフタヌーンKC)水域(上) (アフタヌーンKC)
(2011/01/21)
漆原 友紀

商品詳細を見る

あの「蟲師」を描いていた人の漫画。一応上下巻の2巻構成。
時代は昭和、ダム建設が盛んなころにダムに沈んだ村のお話。
村の伝承とダム建設によって住む場所を追われる村民とを絡めて面白い話に仕上がってます。
「蟲師」と同じように、ちょっと暗め。個人的には「蟲師」の方が好み。


読む新書を選ぶ際は、一時の評判に惑わされたらダメだな…。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


3/2以降に読書関係のblogを書いていなく、読んだ本がたまって来たんでまとめてメモっておく。
一貫性は無い。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 05月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/03/25)
不明

商品詳細を見る

「がんばれ!日本は必ず復活する」ということで、国際派phoの影響を受けて昔からしばしば読んでいる雑誌。
今回の大震災を受けて海外の人はどう思っているのか知りたく手に取ってみた。
多くの国の記事が載ってはいるが、全体を通して、今回の震災での日本人の行動等は
昔から言われている、日本文化は自欧米の自然と対峙する性質とは異なり、
自然と共生する性質である点について宗教観を絡めて賞賛し、希望を与えるような内容となっている。
読んで良かった。


「クーリエ・ジャポン」
http://courrier.jp/



宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)
(2007/08/10)
武部 俊一

商品詳細を見る

宇宙開発って、最初の方の進み具合、尋常じゃない早さだな…。
スプートニクから月探査機、火星探査機、通信衛星、有人までの流れ、早すぎだろ…。
しかし、なんていうか、読みづらい…。


国家の命運 (新潮新書)国家の命運 (新潮新書)
(2010/10/14)
薮中 三十二

商品詳細を見る

外交官としての経験をもとにしたエッセイ。日本人、元気出せ!日本は凄いんだって本。楽しい内容でした♪


図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀 (青春新書INTELLIGENCE)図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀 (青春新書INTELLIGENCE)
(2009/01/07)
不明

商品詳細を見る

所々に過剰ともいえる自虐史観が現れていてイラつく本。普通に古事記を読んだ方が面白い。


古墳とヤマト政権―古代国家はいかに形成されたか (文春新書 (036))古墳とヤマト政権―古代国家はいかに形成されたか (文春新書 (036))
(1999/04)
白石 太一郎

商品詳細を見る

正直、予想外にかなり興味深い内容だった。
魏志とか後漢書とかの記載に重きを置きがちな邪馬台国論争に対して、
実際の古墳の位置、規模、年代の分布から当時の国家の形成過程を論じた書籍。
関西より関東の方が古墳が多いとか知りませんでした…。


新版 プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門新版 プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門
(2010/01/26)
広兼 修

商品詳細を見る

プロジェクトマネジメントって何ですか?っていうのを全く知らない人に対して分かりやすく説明されている。
部署異動する前の1年以上前によんどけよ自分…。


朝霧の巫女 7 (ヤングキングコミックス)朝霧の巫女 7 (ヤングキングコミックス)
(2011/01/31)
宇河 弘樹

商品詳細を見る

漫画です。個人的にメッチャ面白い。南朝、北朝に絡めて「湊川の戦い」を出してきますか。
電車の中で読んでいたら、隣に座った成金的な香水の臭いを振りまく老婆に舌打ちされた本。


センス・オブ・ワンダーセンス・オブ・ワンダー
(1996/07)
レイチェル・L. カーソン

商品詳細を見る

「沈黙の春」で有名なレイチェル・カーソンの遺作。
個人的に好きな本の一つ。「沈黙の春」よりもこっちを読むべき。
地震後に部屋を整理していたら発掘されたので読んでしまった。
言葉での自然の描写が素晴らしすぎます。ただ、日本の自然とは雰囲気が異なるので注意。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
(2001/05/18)
エリヤフ・ゴールドラット

商品詳細を見る


経営関係の制約条件の理論(TOC)の超有名どころ。
とある件について素晴らしきY.N先輩に相談したところ、
関係書籍を薦めていただいたので、まずは一番最初の本書籍を読んでみようと思い、読んでみた。

Amazonの説明では以下のようになっている通り、
-----
機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。通常、アメリカでベストセラーとなったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、本書は世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。いわば「幻の名著」である。
 本書は小説ではあるが、その内容は恐ろしいほど実践的で、会計情報の正しい見方や落とし穴、「効率化」の陰に隠された諸問題を浮き彫りにする。魅力的なストーリーの中に複雑な業務改善のノウハウがわかりやすい形で盛り込まれており、ビジネスパーソンやマネジャー必読の内容である。
 また本書は、問題解決にあたってはゴールを共有し、信念を貫くことが重要であること、数字の陰に隠された実態を見抜くことの重要性、情報共有化の意義など、経営において重要な示唆も与えてくれる。
-----
アメリカのヒューマンドラマのような構成になっていて、かなり読みやすいです。
内容もサクセスストーリーの連続(終わり方は拍子抜けしたが・・・)となっていて、
次の展開が凄く気になる構成で読むのに飽きない♪
実際、集中して2日間で読めてしまった。

一応、工場が舞台となってはいるが、話の本質は工場に限った内容ではなく、
様々な分野に適応可能な目標を実現するために必要な改善プロセスと全体最適化の話になっていて、
自分の置かれている状況と比較しながら読むと楽しいと思う。

もちろん、人工衛星の設計開発においても適応可能な話で、
全体最適化の考え方なんて人工衛星の設計開発そのものといっても過言じゃないくらいかなと。

前に読んだ「もしドラ」なんかよりもかなり仕事に役に立つし、
若手の社会人必読の書籍の一つに位置付けても良いくらいだろう。



と、ほめちぎってはいるが、
応用情報技術者試験の勉強中に、
日本での高度経済成長期以降の生産工場で実施されている事例として、
似た話を読んだ記憶が…。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


企業経営入門 (日経文庫)企業経営入門 (日経文庫)
(2005/04)
遠藤 功

商品詳細を見る


休日出勤の際に寄った某所のブックオフで半額セールをやっており、見つけた本。

経営とか携わることなんて当分は無いんだろうけど、
JAXAじゃなくて企業がどういう仕組みになっているのかあまり知らなかったんで、
知っとかないとなーと思い購入。

定価903円で買値200円だからイイ買い物かと(^^;

記載されている単語そのものは知った気になっているものも多いが、
頭ん中で繋がってなかったんで、正直かなり勉強になった。
国内の有名企業の具体的事例が出されていることも理解に役立っているんだろう。

これを読んで、メーカーさんとの会議中に、
メーカー側出席者の所属する部門の範疇外の質問をしたりすることが無くなるとイイね(苦笑


以下、大まかな目次と具体的事例として出されている企業

1 企業経営とは
 ・企業経営とは何か
 ・ステークホルダーとCSR
 ・企業経営におけるリスクマネジメント
 ・複合連立方程式としての企業経営
2 経営理念と組織の価値観:トヨタ
 ・経営理念とビジョン
 ・組織の価値観
3 戦略のマネジメント:カゴメ
 ・戦略とは何か
 ・会社戦略の策定
 ・事業戦略の策定
 ・三つの基本戦略
4 マーケティングのマネジメント:ポルシェ
 ・マーケティングの役割
 ・戦略的セグメンテーション
 ・マーケティング・ミックス
 ・サービス・マーケティング
 ・顧客起点のマーケティングへの進化
 ・ブランド戦略
5 組織のマネジメント:HOYA
 ・経営における組織の意味
 ・組織構造
 ・事業の国際化と組織編成
 ・持ち株会社とグループ経営
 ・コーポレート・ガバナンス
6 人材のマネジメント:ミスミ
 ・企業は人なり
 ・人材マネジメントの仕組み
 ・キャリア・デザイン
7 資金のマネジメント:TOTO
 ・企業活動と資金
 ・決済と財務諸表
 ・経営分析
 ・財務の基本的な考え方
 ・資金調達
 ・価値創造経営
8 オペレーションのマネジメント:アスクル
 ・経営とオペレーション
 ・オペレーションの改革手法
 ・モノづくりと品質管理
 ・知財経営
 ・環境経営
9 成長と再生のマネジメント:日本電産
 ・成長戦略と多角化
 ・M&Aと経営統合
 ・リストラクチャリング


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


行く先々の本屋で積まれている本、通称「もしドラ」を読んでみた。

確かに読みやすいし、分かりやすい。
ベタなストーリーで次の展開も容易に想像が付く。

ドラッカーって名前しか聞いたことの無かった自分としては、
読むきっかけを与えてくれたという意味では、ありがたかったとは思う。

が、なんであんなに売れてんの…?あそこまで売れるような内容でもないかと。
アイディアが良かったのか、題材が良かったのか、主人公の名前からタッチを想像するからなのか…。

とか言っときながら、アニメは見ちゃうだろうけどな(笑

「もしドラ(アニメ)」
http://www9.nhk.or.jp/anime/moshidora/

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
(2009/02/09)
福澤 諭吉

商品詳細を見る


諸事情により日曜日の本日も仕事で遠出であったため、
サラリーマンの殆どいない日曜のすいた電車内にてじっくりと読むことが出来たのが
上記の「学問のすすめ 現代語訳」である。

正直、この本を読んでかなりかなり後悔している。
何故、中学生や高校生の時に読まなかったのかとっ!
読む時期が遅すぎた。何故、今の今になるまでに読まなかったのだ…。
これほどまで素晴らしい内容であったとは、本当に知らなかったのだ。
否、知らなかったでは済まされないレベルだ。

今の自分の考えに近い内容が明確かつ単刀直入に書かれており、
目から鱗が落ちた。

以下は、本書の目次である。

初編 :  学問には目的がある
第二編 : 人間の権理とは何か
第三編 : 愛国心のあり方
第四編 : 国民の気風が国を作る
第五編 : 国をリードする人材とは
第六編 : 文明社会と法の精神
第七編 : 国民の二つの役目
第八編 : 男女間の不合理、親子間の不条理
第九編 : よりレベルの高い学問
第十編 : 学問にかかる期待
第十一編 : 美しいタテマエに潜む害悪
第十二編 : 品格を高める
第十三編 : 怨望は最大の悪徳
第十四編 : 人生設計の技術
第十五編 : 判断力の鍛え方
第十六編 : 正しい実行力をつける
第十七編 : 人望と人使い



今のような世の中だからこそ、
あえて今の日本人の必読書するべき名著である。
詳細な書評は、Amazonの書評を参考にしていただきたい。
絶賛の嵐である。

あぁ…。後悔先に立たず…。
次は原著を読まねば。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌





とらドラ! 4 (電撃コミックス)とらドラ! 4 (電撃コミックス)
(2011/01/27)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る


今日もさみぃな…。
今から家に帰ると、普通に深夜24時前か…。
家までのバスは無いな…。つくばは、また氷点下だろうな…。
ふぅ…。ここ最近、毎日こんなんだな…。
完全に社会の小さい歯車だな、くそったれめが。
気分転換で本屋でも寄ってくかな…。

と21時過ぎ、某駅にてタバコを吸う場面が似合いそうな雰囲気で1人想う29歳の男。

だがしかし、寄った本屋でとらドラ!4巻(漫画)を見つけた瞬間に、
上記の想いなど吹っ飛び片手にとらドラ!4巻を持つバカが1人。

流石に大の大人が上記表紙の漫画を電車の中で読むことに対する羞恥心は残っているらしく、
レジにて久々に「カバーお願いします」と伝え、読む気満々で電車に乗り込む。
運が良いのか悪いのか21時過ぎの某電車は大分空いているため、
「ラッキー、よそ様の目をあまり気にしないで読めるぜっ!」と思いつつ、
頁を開く。

突然目に入る、大きくスクール水着の描写。

ぬかったっ!この巻は、水泳対決の話か…。
…。…。誰も周り見てないよな…。
くそっ、読みたいが、よそ様の目が…。

と思い、しばらくはカッコつけて読まないでいたが、
とらドラ!が好きな人の欲求には勝てん。
普通に頁を開いて読み漁り始めるスーツ姿の男。



えぇ、楽しい内容でした(^^;
絵も好みでイイ感じです。表情の描写が上手すぎです。最高。
ツンデレ馬鹿め。

ぜってぇ、電車の中でニヤニヤしながら読んでいたに違いねぇ…。
ハズかしっ…。


# 真面目な本の日記ばっかりだとつまらないんで、漫画もね。
# 良いのか悪いのか、本当に読書が進むから
# 真面目な本で読み終わったのが既に3冊も。
# 近いうちに一応書いとこうかな。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Extra -> outeR, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。